つれづれオオイシ


by tomonimanabu7

ゆっき~

朝起きると 積もってました。
各地で 雪が多い多いと ニュースは聞いてきましたが
横須賀では初雪っ 
おぉっ 銀世界!!

まだ降ってるよ~
サッカー中止の連絡網がまわってきて 弁当作んなくていいよ~♡
あ~今日は、会合や勉強会がなくって ホントよかった~

って あ・・・ 

今日の「とも総」打ち合わせはどうなるんだ・・・
# by tomonimanabu7 | 2006-01-21 07:52

今後のこと

事務局4人 やっと集まれました。
市立の小・中は 学校スタートの1、2日目から給食・弁当がはじまったのですが
養護学校は県立なので・・・
高等部の娘さん達 先週はまだ半日でした。
それに仕事を持っている者もいる ので
やっとこ・・・です。

昨年末に県の教育委員会の方と電話で話した様子をふまえ
じっくり意見交換しました。

なんとか方向性がみえてきて ちょっと気持ちが落ち着いたところです。
土曜日、もっかい話し合って
お知らせします。
# by tomonimanabu7 | 2006-01-19 00:03

母・・・

お正月に、実家の母と話していたら 
知的障がいのある 母の友人の話になりました。 
ボランティア活動で知り合った20台の女性で
「ものすっごいええ子やで」 ~だそうで。
平日は佃煮工場で包装の箱を組み立てる仕事をしていて、 
先日、「箱の組み立てが一番早いと褒められた」と 自慢しに来た というのです。
フツウだったら 「へ~すごいね」とかって言うでしょう
しかし母はそんなあたり障りのない会話はしない人でして・・・

*****

Aさん 「おばちゃ~ん 私、箱組み立てんのめっちゃ早よーてな 工場で一番やねんで」
母   「へ~ そうなん あんた器用やしなぁ」
Aさん 「もうめちゃめちゃ早いから 社長に褒められてんで」
母   「ふーん そうかぁ
     そやけどな あんたとこの佃煮はおいしいけど はっきり言うて過剰包装やで」
Aさん 「おばちゃん カジョウホウソウ って何?」
母   「いっぱい包みすぎや っちゅうことや。
     佃煮食べんのに その都度ゴミもいっぱいでるんは 環境に悪いやろ」
Aさん 「あ~ おばちゃん!私も こんないっぱい包んで中身ちょっとやん 
     って思たことあるぅ」
母   「そうやろ。おたくの社長さん、障がい者の雇用考えるところは偉いけど、
     もっと仕事の内容な ほかのもないんかなぁて 前から思ててん。
     あんた こないに器用やし かしこいやろ」
Aさん 「そやなぁ。何かあるやろか」
母   「あるに決まってるやろっ。今度、社長に言うたるわ」

*****

こんな調子の人でして (苦笑)
実際、その社長とは折り合いがついて
Aさんは新しい仕事を覚える訓練をはじめ
包装も変わる方向らしい~ と、自慢げに話してました。
ま、良かったわな
ま、良かったけどさ
上手くいったからええようなもんの・・・   ってことが 
ちょいちょいあるのよ  この母は


トニカク感じたことは  ずけずけ言う
彼女の言うことは正論で  そして公平で 
それに立場とかっていうものを 飛び越えたところで考えてるから
ま、おもしろい人なんですけどね・・・
自分の価値観がゼッタイ!みたいなとこあるから
近くにいると しんどいよぉ
娘に・・・ともなると  そりゃもう容赦なく
いきなり「それ どうやねん」と マシンガンのようにくるから
もう たまらんわけです。
有言実行 現実主義
私は そんな母のもと 
時には反発しぃの、時には励まされぇ~の たま~に嘘ついたりもしながら
大きゅうしてもらいました はい。

‘打たれ強い‘性格は 母との日々の中で培ったものかも・・・
あまり自慢にはなりませんが・・・

今はずいぶん丸くなった母ですが やっぱりおもしろい人です。 
京都と横須賀、これぐらいの距離がちょうどいいかも・・・って思いますが、、、
彼女の生き方が 私にとって ひとつのお手本であることは間違いないですね。
出たとこ勝負の その自信はどっから来んねん  と
日々を もうちょっと楽しんでもいいんちゃう?!  って
娘としては思っているですけど・・・
# by tomonimanabu7 | 2006-01-12 00:10

ケイタイでんわ

長い冬休み 終わりましたね
このところ8時半起きだった長男、
「今日から学校だよ~」の言葉に 6時50分にぱっちり目が開きました
今日から学校! 
タロウうれし ハハもうれし♡


さて、
昨日のことですが、自分の不注意でケイタイを壊してしまいました。
パカッと開く部分が片方割れて 待ちうけ画面に太い黒い線がはいって
ひ、ひぇ~~~ っと ドコモショップに駆け込みますと
不幸中の幸い・・・
データは無事で やれやれ ほっ でした。

それにしても 
ドコモショップ、 昨日は休日ってこともあり混んでいましたよ
待ってる間 ぼんやりと考えていたんですが
ケイタイが一家に数台の時代、
どう考えても ドコモにせよauにせよ 儲かってるよね
ケイタイって一度持ち出したら手放せないし
通信だけじゃなく
カメラも使える
新幹線のチケットとるのもカンタン 
これからはどんどんお財布替わりにも使えるって言うし 
ポイントも溜まって 便利
機種も可愛いのが次々と出てくる
しかし、
しかしだ
そんなケイタイ社会の中で
心臓にペースメーカー入れてる人にとっては 
 どんどん どんどん住みにくい社会になってるんだよね
電車の優先席の周りだって
みんながマナーモードに切り替えてくれるわけじゃない
どこからくるか分からない電磁波におびえるなんて きっと並大抵じゃない

でね、 
ケイタイ作ってる会社は 
電磁波がペースメーカーに影響するのを阻止するような 
プロテクターみたいな 
安心できて 当事者が着用して負担にならないものを
開発するべきじゃないでしょうか
(もしかしたら もう 在るのかも知れないけど・・・・) 
そして必要な人に無料で提供するとか 


たとえ少数派でも 
実際に困ってる人がいるという事実は みないふりしちゃいけない
そして それは 企業の在り方とかね
企業イメージにも繋がっていくと 思うんです
# by tomonimanabu7 | 2006-01-10 23:47

2006年はじまり~

あけまして おめでとう ございます
新春を迎え 皆様のご健康とご多幸を お祈り申し上げます。
本年もどうぞ よろしくっ


さて、お正月は いかがお過ごしでしたか?

私は、どっぷり京都につかってしました。
いつもは チチの郷里である長野に帰るので
家族みんなで京都に帰るのは5年ぶりです。

事前に 母と相談して、
こたつとテレビ以外 な~にも置いてない『タロウ部屋』を用意してもらい
本当にゆっくりと過ごすことができました 
いや~おせちよりも何よりも これが一番ありがたい
食べるもの 読むもの 遊ぶもの は自分で責任をもって(守りながら) お持込み♡
「何してんの~」って 自然にみんな集まってきました

兄の家族は三日通ってきて
強烈な小さな甥っ子どもと ばたばたと遊んで
長男も次男も
イントネーションがだんだんと関西弁っぽくなってくるのが おかしかったですね。
子どもって本当に環境に順応していくのが 早い!
もうどんどん京都の田舎の子になっていく~
特に長男の 「あかん」 と
         「おこたつ はいりや」 は もう完璧でした
関西弁をしゃべるタロウ・・・
その地域に住んでたら当たり前のことなんですけど
すっごく新鮮に感じたしだいで (笑)

私は・・・といえば 旧友もきて 話しまくり
「あほやなぁ なにしてんねんな~」
「で、どないすんのよ」  ってね
あ~自分の言葉で話してるって実感!!! 
これは じわじわと うれしいもんで 
エネルギー充電!! しっかりしてきました。
ありがとうさん 実家天国でございます

で、、、
関西のおばちゃんに すでに進化(?!)している自分に改めて気付かされ 
今年は 言いたい事をのみこまんと いきたいなぁと
大事なことは押していくでぇ~~ と
思ったしだいで・・・            
                      もう言ってるって?
                      いやいや半分も言うてまへん


ということで

今年も「とも総」ともども よろしゅうにお願い致します。 
# by tomonimanabu7 | 2006-01-03 23:55

よいお年を・・・

2005年もあと少し・・・
年末の忙しさにかまけ
言い残したことが 山ほどありまして
今、帰省してる京都の実家で これを打っています。


まず「とも総」今後の活動について・・・
それは年明けに
学校がはじまり 事務局が集まってもう少し話し合ってから お知らせします。
はい。。。すんません。。。


親としての2005年は
長男の成長にハハ感激! の一年でした。
いままで積み重ねてきたものが 花開いてきた感じで
「タロウ よく頑張った!」
「お兄ちゃん なんかすごくない?!」
って
家族と、恩師と、そしてコーチやボラさんやヘルパーさんと 
何度 顔を見合わせたことでしょう
苦節ぅ~ん年!
いろ~んなことありましたけど
いやいや 生きててよかったわぁ~ って
今年はうれしい年でしたね。
‘かあちゃん‘やってるだけで これだけ生きがいを感じられるってのは
人生ってわかりません


また
「ともに学ぶ」ってことのすばらしさを 心の底から実感した一年でもありました
多くの方々に 「ありがとう」 って言ってまわりたいです
感謝!!ホントこれにつきますね。

「とも総」としては いまだ苦節が続いておりまする・・・・・
が・・・ がんばらんとですね


さて、さて
あと数時間で新年
あ~ばあちゃんが呼んでるので このへんで失礼します。

みなさま よいお年を (^^)/
# by tomonimanabu7 | 2005-12-31 16:56

クリスマスツリー

大石家に はじめて来られたお客様が 大概口になさるお言葉  
それは
「すっきりしてるねぇ」 です。  
え~~~と これは
『片付いてるね~』 という褒め言葉ではなく 
『何もないのね~』 という意味  (笑)

リビングにはテレビとソファー、そしてちょい離れて食卓 それだけ 
棚もなければ物もない
食卓の上も~な~んもない状態で、テレビのリモコンも置いてません。
それは なぜかっていうと

我が家の平和のため        だす。


長男は紙とみりゃ破きたくなるし 機械をみりゃぁ破壊したくなるし
おかしをみりゃぁ ぐっしゃんぐっしゃん ・・・・ でした。 
「でした」というのは 今は随分成長したからです。 
手がでる前に「バツ」と言えば 今はやらなくなりました。
でも日常生活の中で「バツ」「バツ」って連発するのも 落ち着かないでしょ
それに 目を離してるうちに 残念な結果をまねいたら悲しい・・・
だから置かない 
そんだけの理由です。

で、物はどこにあるかというと
鍵のかかる台所 と 鍵のかかる部屋に・・・
そこは まぁ 
どうみても‘すっきり‘はしてまへんなぁ
(*台所が個室になる~っていうのが お家探しの一番の条件!だったのよ~ん)


さて もうすぐクリスマス!

サンタさんはもう信じてないけど 「ツリー早く出してよ~」の次男の要望に答え 
大石家恒例の3日間にわたるツリーだし はじめました。
夜 お兄ちゃんが寝てから 次男とそろりそろりと まずツリーの組み立て
そして てっぺんのお星さま 
一日目はこれでおわり
次のあっさ~  
いつもなかった所に何かがある 『おっ!!!』で、目がキラリンちょの長男
手がでそうになる
早速「バツ」 (このタイミングが大切)
で、「クリスマスツリー出したのよ 大事にしようね」
さて、今年はどうでるかタロウ
目を見開いて ツリーを じ~~~ (一年前の記憶を呼びさましているのかなぁ)
そして、、、「クリスマスツリー だいじぃ~~~」 ハイですねぇ ふぉ~という感じ
朝だというのにテンションどんどんあがり 
で、、、 朝ごはん少し吐きました
この辺までは想定内!ですよ
ツリーは少し触っただけで ニタニタみてます。
初日大成功! いい感じ
二日目、電飾つけ  チカチカ光る電飾に喜んでますが触りません 
おっしクリア 次いってみよう~
三日目、プラスティックボールや天使さんをつけました。
飾りは気になるようです。でも触り方が優しく とったりしませんでした。
去年に比べてすっごく成長してるなぁ
一年おきの行事って 改めて気付かされることが多いですね。
うれしいなぁ
クリスマスツリーも綺麗だなぁ

数年前が蘇ります
お兄ちゃんが学校に行ってる間に まだ幼稚園の次男と時間をかけて綺麗に飾りつけ
浮かれ気分の中
兄帰宅、、、ハハの手を払いのけ
弟の悲鳴の中 もろくも崩れ去ったツリー・・・
ハハの認識不足がまねいた涙 に 反省しきりでした。
(予想はできたはずなのに、、、
   ツリーを作ってる時の楽しいノリで『なんとかなるさ』って思ってしまった)
あんまり可哀想なので 
ツリー、 鍵のかかる 物があふれかえった部屋に飾り直しましたが・・・


おっ長男なんか言ってます
「クリスマスツリー だいじ」 
うん、大事だねぇ

思えば このツリー、 次男がいなかったら 毎年出すこともなかったでしょう。
ツリーのキレイがわかって ツリーのだいじ がわかって
もうすぐクリスマス♡ 
楽しみです。
# by tomonimanabu7 | 2005-12-15 14:10

師走

12月にしては さむすぎですね
今年も押し迫ってまいりました。
  
忙しのぉ~ です

いかがお過ごしですか? 

ブログ更新も滞りがち
でも 書きたいことは山ほどありまして
・・・どんどん溜まっておりますのよ
日にちが前後すると あんまりブログの意味ないかも~なんですけど
追々に 送信していきますので よろしくです。
# by tomonimanabu7 | 2005-12-13 15:04

ジョン・レノン

ジョン・レノンが 凶弾に倒れた時 
ハハは高校生 でした。
中学から続けていた吹奏楽部をやめて ギターをはじめた頃で
周りが段々受験モードになっていく中、 なんだか憂鬱な日々を送っておりました。

ビートルズの頃から いっこ上の兄の影響を受けて大好きだったジョン・レノン
兄の宝物のLPを無断で聴いては よく叱られていましたね。
昨日、FMから流れるジョンのやさしい歌声を聴きながら
25年前、兄が家出した後の 緊張した家の様子を思い出したりしていました。


今は兄も私も二児の親をしていて
歳月とは 不思議なものです。

でも‘イマジン‘を聴くと 
ついボーっとしてしまって そして泣きそうになるのは 
あの頃と変わらないですね。
# by tomonimanabu7 | 2005-12-09 12:38

PK戦

勤労感謝の休日、
次男が所属するサッカーチームの試合に行きました。
先週の土・日に予選が行われた横須賀カップ
最終決戦が J小であったのです。

試合に行くと いつもありがたく思うのは 大人達の協力体制のすばらしさ!
ホームグランドが会場になった時は
参加者の自動車の誘導から 最後のトイレ掃除まで 
一日中 大変ですね。
それに審判! ひと試合に5人必要なので
免許を持つ監督・コーチは  大体第1試合から出るため
チームの子ども達が着く前の 朝早くから会場に行かれます。
折角の休日を 土曜日は練習指導に 日曜日は試合に付き合って下さる
本当に頭が下がります
でもうちの監督やコーチは 自分達の子どもの時代も  
地域のサッカーチームで 同じように大きくしてもらった方が多く
なんか普通に 子どもが入ったのをきっかけに とか 
          そのまま続きで来てるよっ て感じで 
これって なんかすごくない?って思うんですけど・・・・・

保護者当番のおもな仕事は 子ども達の世話係
ハーフタイムで ポカリ水筒や濡れたタオルをはいよって渡したりですね
低学年(幼稚園年長・1年・2年)の時は 
ユニフォームに着替えさせるのも 試合時間まで待たせるのも 
(待ってる時間に けがをするのだ) 手がかかったんですけど
中学年(3年・4年)になると 言われなくても 
皆ちゃっちゃと用意してくれるから 楽になりました

あったかくて 絶好の試合日和、
相手チームSとは互角 お互いに よく攻め よく守って 
流れがこちらに向いてきたかな ってとこで 終了のホイッスル
あと5分あったら 勝ってたなぁの、3-3の同点
さぁ気持ちを切り替えて PK戦だぞ~
!!!
相手チーム、キーパー交代
この試合で2得点している いかにも運動神経バツグンの子に替わりました
やっばいんじゃないの~ って言ってたら
もろ的中 
3つもボールを止められ あっけなく負けぇ~ う~残念!
今日はトーナメント方式なので 負けると終わり
さぁ ホームのN小に とっとと帰って 弁当食べて  4時半まで練習だべ~

と、ふと横をみると・・・

うちの4年のキャプテン・・・ 静かに泣いてました 
下むいて 涙ぽたぽた
 ・・・・・ 
K君ってば けっこうクールな子だと思ってたのに
悔しかったか ・・・ そうか ・・・  
他の子達は ただ黙々と帰りの準備
でも気持ちが同じなのは 伝わってきました

低学年の時は こてんぱんに負けた後でも ふざけ合ってたのになぁ

レギュラーの子もベンチの子も 知らぬうちに 成長してます
負ける試合 勝つ試合 出れなかった試合
いい試合 中だるみの試合 試合にならなかった試合・・・ 
ドキドキや うれしさや 悔しさや しんどさや 
そんなこんなを リアルワールドで経験していく彼ら
それも大好きなサッカーで

さまざまな場面を 地域の仲間と一緒に感じ合い
育っていける彼らは幸せだなぁ
スポーツってこんないいものだったのかぁ  と、、40すぎて 今頃知ったハハだす

うちのチームは 来年で30周年を迎えるそうで、、、
この環境を支え続けてくれた監督・コーチ・親達に 感謝!
そして 次の世代に繋げていくお手伝いを 
また今度、、、よろしく 
# by tomonimanabu7 | 2005-12-01 00:37